2006年08月29日

愛国心

久しぶりに新聞を読んだ。
背筋が寒くなった。



いらだつ若者。



ソウルのある若者に、日本をどう思うか聞いたら、
独島(竹島の韓国呼称)は、韓国のもの。
首相の靖国参拝も気にいらないらしい。



北京のある若者は、日本に言いたいことがあるらしい。
小日本人は、中国を見下しているそうだ。靖国参拝が
そう思う一つの原因らしい。
日本経済がどうなるか聞いたら、声をでかくして、
中華民族は、優秀だから、直ぐに、日本を追い越す。
そしたら、日本はもう追いつけない。というような
ことを言っているらしい。



東京で、靖国神社境内で大学生に声を掛けたら、
参拝の理由は、愛国心らしい。
国のために命をなげうった人に敬意を示すのは
国民の責務で、生まれた国を大切にするのは
当然らしい。
今の日本が乱れているのは、戦後教育のせいだと断言している。
アルバイト先のコンビにでは中高生が大声で騒ぎ、食べかけの
アイスを店の前に捨てていくらしい。
中国経済は、あと数年できっと破綻すると言っている。



日本の20代の学生や会社員の愛国心を
もっていることが条件の集まりで、
なぜ、国を思うのか。聞いたところ
愛国についてああだ、こうだと語っていたらしい。



結論
また、戦争をやるつもりらしい。
この3カ国の愛国心をふりかざす若者達は、戦争で決着をつけたいんじゃないかな。
いずれも、相手のことは認めないし、考えない。考えたくも無い。
自分または、自分達の主張を押し通す。
そういう人間が増えているんだろうな。
自国内でも、その手前勝手な愛国心に従わないものは、
攻撃されるようになると思う。
そういう人間が他を圧倒したとき、どうなるんだろうな。
自分達が唯一絶対同士が、ぶつかれば、やるしかないだろう。



日本は、個人でいえば殺人犯だ。
一応、裁判で懲役を喰らい、刑務所から、仮出所中かな。
で、日本は、俺は、無実だとかいって、判決は間違っている。
とか言っているところかな。
で、肉親を殺された韓国、中国が、納得していない、
もっと内省しろとかいっている状態かな。



いずれの国も、社会が安定していない。
不満の矛先が、他国へ向いていく。

posted by drunken at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独白 随筆 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。